一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

突然ですが、ここで英語の the / aの問題です。
(   )に入るのは、the / a 、どちらにするのが、普通でしょうか?

1a.   Mr. Tao is ( the / a ) principal of a high school in my city.
1b.   Mr. Shimada is ( the / a ) teacher at a high school in my city.

状況にもよるでしょうが、正解は、1a が "the" 1bが "a"。

あるいは、所要である店の店長と話があり、店にいって
店長を呼び出してもらう場合:

2a.  " I need to talk to ( the / a ) chief of this store. 
       I'm his nephew."

2b.  "I don't know his or her name, but
        I need to talk to ( the / a ) chief of this store.
        I got this jacket here yesterday, but it has got a huge hole inside the pocket."

これまた状況にもよるでしょうが、正解は、2a, 2b とも "the"。

上のタネ明かしは後ほど。

英語のいわゆる『冠詞』の theとaの区別、
これは"教育"英語の文法にかかわる者にとっては、つねに悩まされる問題の1つでして・・・

 注:"教育"英語と言うと、
   それを言うなら前後が反対で、英語”教育”だろ、とつっこまれそうですが、
   ここではあえて教育英語の文法ということで。
   お硬い分野でなら『伝統文法』とか『学校文法』、あるいは『規範文法』と
   よばれている英文法のことと思っていただければ幸いかと。
   暮らしに身近なところでは、『受験英語』とほぼ同じと思って頂いても、
   よろしいかと。
   ただ、この”受験”英語という言葉の響き、個人的には何かトゲがあって
   好きになれません。ということで、ここでは"教育"英語と呼ばせてもらいます。

まぁこんなあたりで、教育英語という呼び方の注釈はおしまいにして、
本題の the/anの『冠詞』について、思うところを少しばかり詳しく書いてみます。

 再び注:これからの話は、実際に英語を使うとか、英語を教育するという応用よりも、
     たんに知的好奇心だけで英語を分析している人たちにとっては
     ある意味あたりまえの話になりますので、ご了承を。

例えば、the 、これは教育英語で、多くの方がご存知の通り
冠詞は冠詞でも”定”冠詞よばれているわけですが
では、この”定”とはいったい何なのか? 
これが冠詞を理解する大きなポイントでして。

個人的な印象では、教育英語では、この定冠詞の”定”は、おそらく
『特定』の”定”であって
『限定』の”定”ではないようです。


というと、『特定』も『限定』も同じやないか! どっちも”定”と同じ字を使っているんだから、と
これまた、つっこまれそうですが。

ところが、この『特定』と『限定』、英語に戻してみると、全く別物でして。

『特定』⇒ Specific 
『限定』⇒ Definite 


ご覧のとおり、英語にしてみると"Specific"と "Defnite"、どこをどう見ても
何の共通点もない、全くの別物。

こんどは、このSpecific とDefinite、この2つの意味合いの違いを少々詳しく:

Specific 『特定』は、自分の示したいものを『明らか』に特定すること。
少し長めに言い換えると、このSpecific にとって大切なのは、次の2つ。

Specificとは、自分の示したいものを、
『いろいろと他にもある中から』、『明らか』にする。

Specific:特定でポイントになるのは、『 』でしめした2箇所。

1)『いろいろと他にもある中から』、
2)『明らか』にする


これに対して、Definite 『限定』は、このスペルを分解してみると一目瞭然。
そのスペルが示すように、Definite、De - fini -te になり、
ちょうど中央(語幹)の fini が、finish と同じ意味合いの『終わる、終わらせる』、
つまり、もうこれでおしまい、これから先は無いこと。

このDefiniteにとって大切なのは、ただ一つ。

1)『これから先は無い』こと。


まだ、これでは『特定:Specific』と『限定:Defnite』の違いが
今ひとつスッキリしないとあれば、次の穴埋め問題をご覧あれ。

場面:あるお店が新規に開店し、その開店セールで
   粗品をプレゼントする。それにあたって出す広告の文面として:

広告の文面:先着50名さま(限定・特定)で、粗品プレゼント。

この文面で、(  )に入るは、当然、『限定』になるわけで。

注:もし、ここで(  )に『特定』が入ると思った方は
  まことに申し上げにくいのですが
  日本語の習得をどこか失敗されているということで・・・

そんな話は、横においておいて、上の新規開店の件に話を戻すと
先着50名さま限定ということは、プレゼントは50名分しかなく
51名からは、なにもプレゼントが無いことになります。
つまり、『限定:Defnite』とは、『これから先は無い』ことになるわけです。

これに対して、『特定:Specific』は全く別の場面で使われます。
たとえば、次の場面などはいかがでしょうか?

場面:ある数学の問題を、クラスのみんなで解いてみたが
   ほとんど全員が不正解。
   ただその中で、数人だけが見事に正解した。
   この結果を、先生がみんなに知らせる

そこで、次の文面で、(  )に入るのは、どちらになるでしょうか。

「今回の問題、とても難しかったみたいで
 ほぼみんな不正解だった。
 でも、(限定・特定)の子たちは、正しい答えを導き出していたね。」


この場合、多少悩むからもしれませんが、
おそらく『特定の』もの、こちらの方が、より自然な響きになるかと思います。
だとすると、『特定』という場合は、
不正解だった子たちが、”他にたくさんいる中”で、一部の子たちだけが正解といった具合に
”他にもある中”から特定のものを選ぶことになります。
つまり、『特定:Specific』を使う場面では、『限定:Specific』とは反対に
他にも何かがあるわけです。

この辺りで、もう一度、『特定:Specific』と『限定:Definite』のポイントを書いておきます。

『特定:Specific』⇒『いろいろと他にもある中から』、何を指し示すのか『明らか』にすること。
『限定:Definite』⇒『もう他にはない』こと


これを使って、冒頭の英語の穴埋め問題を見なおしてみると、
まず

1a.   Mr. Tao is ( the / a ) principal of a high school in my city.
1b.   Mr. Shimada is ( the / a ) teacher at a high school in my city.


ここで重要なのは、principal:校長、それと teacher:教師 の限定の度合いの差。
高校ともなれば、かなりの数の先生がいるわけで、その意味で、

ポイント1)Shimadaさんの他にも先生がいる ⇒ 限定されない 
ポイント2)the は、限定を表す / a は、非限定を表す

となれば、
ポイント1+ポイント2=
先生: teacher は、Shimadaさんだけに限定されないので、a teacher となる。

これに対して、

ポイント3)校長はTaoさんだけで、他にはいない=限定される
ポイント2)the は、限定を表す / a は、非限定を表す

となれば、ポインの3+ポイント2=
校長:principal は、Taoさんだけに限定されるので、the teacher となる。

次は、

2a.  " I need to talk to ( the / a ) chief of this store. 
        I'm his nephew."

2b.  "I don't know his or her name, but
        I need to talk to ( the / a ) chief of this store.
        I got this jacket here yesterday, but it has got a huge hole inside the pocket."

ここで鍵を握っているのは、chief:店長 という単語。

ポイント4)this storeのchief:店長 は、一人だけで他にはいない
ポイント2)the は、限定を表す / a は、非限定を表す

ポイント4+ポイント2=
chief:店長は、限定されるので、the chief となる。

この2a, 2b の例文で、注目すべきことは、
この文に出てくる『 I:私』と『chief:店長』の人間関係。

2aでは、『私』にとって『chief』がだれであるか『明らか:特定』である。
なぜなら、" I'm his nephew." とあるように、
『私』と『店長』の人間関係は、『叔父と甥』と『明らか:特定』なので。

これとは逆に、
2bでは、『私』にとって『chief』がだれであるか『明らか:特定』ではない。
なぜなら、 "I don't know his or her name"とあるので
名前も知らないということは、おそらく一度もあったこともないから
『私』にとって『店長』は、『だれか明らかではない:不特定』と考えるのが自然。

ここで、さらに興味深いのは、一般的な教育英語の文法の問題点。

教育英語では、the は、
『定』冠詞と呼ばれているが、その『定』は
他にないことを示す『限定:Definite』ではなく、
何かはっきり明らかになっていることをしめす『特定:Specific』として扱われている。


もし、the を限定ではなく、特定とすると、
上での2b(私とchiefが、赤の他人の関係)では、

ポイント5)chief が誰であるか明らかにならない ⇒ 不特定(Not specific)
ポイント6)<いわゆる教育英語では> the は、特定 / a は不特定

ポイント5+ポイント6=
chief は不特定なので、a chief となるはず。

ただし、2aばかりでなく、2bでも、
一般的な状況なら英語は、a chief ではなく
the chief とするのが普通なので、教育英語のようにthe を特定とすると
誤ったものが出来上がるといった具合。

と、ここまで
『特定:Specific』と『限定:Definite』を、きっちりと区別することの利点を
the を『特定:Specific』ではなく『限定:Definite』することで
話してきたつもりなのですが、お分かり頂けましたでしょうか。

ちなみに
一般的な教育英語が、the を『限定』ではなく『特定』としていることは
市販されている中高生向けの英文法書などを見るなり
ご自身が、今までどう習ってきたかの記憶をたどれば、すぐにお分かりいただけるかと。






 

ここのところイヤホンやアンプの話ばかりでしたが、英語教育というか英語学習の件で思うことがあって、少し書き込みします。

英語教育なんか興味のない場合は、この記事はなかったことにしてください。

前置きはこのあたりにして、本題に。生業の関係で、いろいろな方の英語の勉強の手伝いをしているのですが、教科書の脚注に??と思うことが少なくありません。地元のある高校が、啓林館さんのExceedを使っているのですが、その中で、次のような訳がありました。

  People speak <more than 1 language> in Japan.

これを

  『2か国語以上』 

と訳したり、記憶は定かではないのですが

  took part in <more than 20 marathons>
  
これを

  『21回以上のマラソンに参加した』

といった具合に、<more than A>があると、『A+1以上』と訳しているようです。『+1』なる公式のような訳にする気持ちも分からないのではないですが・・・

『+1』をしないで、単に『A以上』とすると、Aを含んでしまい、それに対して、more than AはAを含まないので、教科書の編集者の方は、その辺りのことを考えて『+1』という具合にしたのでしょうが、ただ、それは如何なものでしょうか?

例えば、

  <more than 20,000 people>

でしたら、この教科書の"公式"に従うなら、

  『20,001人以上』

とでもなるのでしょうか? どうにも、この1の所が不自然というか何というか・・・それに、先ほどの、

<more than 1 >なら、1は含まれなくても、1.01や、1.001なら含まれるわけで、それを『2以上』としてしまうのは、どんなものでしょうか?確かに『言語が1.01個』というのは不自然なのは分かりますが、英語の教育、あるいは学習上、<more than A>を『A+1以上』と一般化できるような印象を残してしまうのは芳しくない気がしてなりません。


久しぶりに英語と言うか、英語教育・学習について書いてます。

この俗に言う『英語教育』(これも個人的には、あまり好きな単語の組み合わせではありませんが、それはともかく)の分野に関わって四半世紀になりますが、もう少し上手い名前の付け方はなかったものか、と思う英語教育の用語が少なくありません。たとえばその一つが、英語の基本5文型(これもこれで、なぜ5という数字にこだわるのか、大きな疑問ですが、それもともかく横に置いておいて)に出てくる、『補語』で、これはいかがなものでしょうか?

どこが芳しくないか、それは『補語』の『補』の一字です。いわゆる、高校生や大学生、社会人の英語学習者が、この漢字を見て、果たして何を連想するでしょうか? おそらく、もっとも最初に思いつくのが、『補欠』『補助』でしょう。

だとすると、この『補欠』『補助』から、次に連想できるものは何でしょうか?おそらく、『あったらあった方が助かるけど、特に必要ではないもの』でしょう。例えば、子供のころ初めて自転車に乗った時、倒れないように取り付ける『補助輪』、これは初めは付けているけど、いづれはいらなくなる車輪で、いつまでも付けていると、格好の悪いもの。

だとすると、『補』を含む『補語』を目にして、多くの英語の学習者が『補語:C は特にいらない、おまけみたいなもの』と連想してしまうのも当然でしょう。

で話を、少し角度を変えて、『補語:C』の大元になった『Complement』に目を向けると、まったく別のものが連想されます。『Complement』は、その主要な部分は『complete』であり、『complete』は『完成する。全部そろえて完全にする』であり、ここからは、日本語の『補欠・補助』とは、まったく別のことが連想されます。

つまり、『Complement』があって、初めて『完璧・完成』するであり、ここには、『補欠、補助のような、あってもなくても良い、おまけ』的な意味合いは、どこにもありません。

ここからは、私の勝手な推測ですが、一番最初に、この『complement』を日本語に訳された、英語学習者の先人は、complete・完成するの『完』を含む『補完する』から、この用語を『補語』とされたように思います。だとすれば、『complementは、それがあることで、補い文全体が完璧になる、それくらい必要なもの』という連想ができることでしょう。実際、英語の補語とは、いわゆる主語、目的語と同じくらい、必要なもので、補語がかけてしまっては、不完全な文にしかなりません。

  I really am really satisifed with what you have done so far.
  僕は、本当に(冗談なしで)、
  君が今までにしてくれたことに、実に(とても)満足しているんだ。

補語の『語』が『単語』を連想させてしまい、『単語』の『単』が『単一』を連想させ、よって、『補語とは、単語1つ』という不幸な連想させてしまうという a bad choice of words は横におきます。すると、下線の部分すべてが、補語(補部)になります。当たりませですが、何の脈絡もなく、下線部を省いてしまうと、次のような訳の分からないものができがってしまいます。

  ??? I really am.    
  ??? 僕は本当にです。

つまり、この下線部 (really satisifed with what you have done so far) が揃って、初めて完全な(complete)になり、この意味で、この下線部が、『complement』になるわけです。

ただし、この意味で補語を決めると、

  いわゆる、主語、目的語も、これがないと完全な文にはならないので、
  その意味で、主語も目的語も補語になってしまうのではないか?

という疑問に関する回答は、いづれまた書いてみます。

ということで、話をタイトルの a bad choice of a word or words に戻すと、私達、英語の学習者が、『補語』を聞いて連想するのは、残念ながら、『complete・完成する』の意味を含む『補完』ではなく、むしろそれとは程遠い『補欠・補助(おまけのようなもの)』であり、これでは少なくとも『補語』という単語の選択は、少なくとも英語の学習にとって、あまり有効なものではないと言えるのではないでしょうか?

言葉の選択と言うか、訳の仕方というか、よほど用心しないと、かえって誤解を引き起こしてしまうものではないでしょうか?

余談ですが、補語・Complement (完璧にするもの)のどこにも、『S=C』などいう訳の分からない補語の決め方を生み出す余地がないことも付け加えておきます。





まず次の問題を考えてみてください。


例題)次の二つの文を第4文型(SVOO)から第3文型(SVO)に書き換えるために、各個に適切な前置詞を入れてください。

a) Will you sell me your car?

      ( 私にあなたの車を売ってくれますか。)

          ↓

a') Will you sell your car ( ) me?


b) She got me a ticket.

      (彼女が私にチケットを手に入れてくれた。)

          ↓

b') She got a ticket ( ) me.


 正解)

    a') Will you sell your ticket to me? 

    b') She got a ticket for me.


この問題に対して、市販の教材は、大きく分けて2つタイプの考え方を書いてくれてます。まず1つ目は次の通りです。


動詞によって、toかfor か決まっているので、それを動詞ごとに覚えなさい。


to 名詞 give, hand, lend, pass, sell, など

for 名詞 build, choose, cook, do, など


 ただこれだと一つ大きな問題が生じます。この説明の中の『など』の部分です。そもそも『など』では説明としてぼんやりとしすぎです。この考え方だと動詞ごとに【to〜】か【for〜】かを覚えることになるのですが、動詞はたくさんあります。そう簡単に覚えられるものではありません。直感的に考えても、あまり能率の良い方法とは言えません。

 では、2つ目の考え方を紹介しましょう。


 「〜へ」と言えるなら前置詞の to を、

 「〜ために」と言えるなら前置詞のforを使いなさい。


といった具合です。言いたいことは分かるのですが、これでは無理が多すぎます。

 さっきの例題の Will you sell me your car? (Will you sell your car to me?)で考えてみましょう。「私に君の車を売ってくれますか」と言うのは問題ないですが、「私へ君の車を売ってくれますか」と言うのは、ちょっとつらくないでしょうか。 なのに、上の説明に反して、ここに書いたようにto meになるわけです。

 それに「僕は君のために僕の車を売ったんだ。」と日本語で言うのは問題ないはずです。するとさっきの説明にしたがうと、sellは前置詞のto ではなく、forを使うことになってしまいますが、sellはforではなくtoを使います。したがって、ここでもまた上の説明、つまり−「〜へ」なら前置詞のtoを、「〜ために」ならforを使うーという説明はまたも問題にぶつかってしまいます。


 いよいよ、このto/for の問題に対する代案に話を進めます。いわゆる市販の教材よりも、一歩踏み込んだ上手い考えが実は、昔からあるのです。

まず次の日本語の文を読んでください。 


・ 私が彼に本をあげたんだ。(I gave him a book.)


それでは上の二つの文をもとに。次の質問に答えてみてください。

上の文で、彼に本をあげる前に、私の手元にその本はあるでしょうか。

当然、私の手元にその本はあります。私の手元にない物を彼にあげることは出来ません。そしてこのように手元に本がある場合は、I gave a book to him. のように前置詞のtoを使うわけです。


では次の日本語の文で考えてみてください。


・ 私が彼にチケットを買った。(I bought him a ticket.) 


今度は、彼にチケットを買う前に、私の手元にそのチケットがあるでしょうか。


答えは、私の手元のそのチケットはありません。手元に無いからチケットを買うわけで、買う前から手元にチケット有るなら、彼にチケットを買ったりはしません。そしてこのように私の手元にチケットが無いならば、I got a ticket for him. のように前置詞のforを使うわけです。


ここまでのことを繰り返すと、


『あげる』や『買う』という動詞が示すことをする前に、

それぞれの文の【〜が】(ここでは、『私』)の手元に、

【〜を】にあたるもの(ここでは、『本』や『チケット』)が


有るなら、【to】を、

無いならば、【for】 を


使うことになるわけです。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    e-butler
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    r
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    E-BUTLER
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    toyota
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    すぎちゃん
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    マコト
  • UMさんの"Merlin"など、一部ですがハイブリッドIEMも、リモールド可能です。
    竹村 英実
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    和京神壱
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    角田
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    Tetsu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM