一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

1週間には少し足りないのですが、このあたりでThousand Soundさんでお世話になった、Westone 3のアップグレードのその後を少しばかり書いてみます。

以下をお読みなる前に、音の正確さよりも雰囲気を重視するユーザであることを記しておきます。




アップグレードの内容は、次の通りです。高域用にはドライバーを2つ、中域用にはドライバーを1つ、低域にはドライバーを2つの合計5ドライバーになります。詳細ですが、オリジナルの高域と中域のBAドライバー2つを、アップグレード後は高域に、オリジナルの低域のドライバーを中域にし、これでオリジナルのドライバー3つ全てを中高域に充て、そして、低域用にドライバーをあらたに2つ追加しました。

ということで、音の性格ですが、オリジナルとアップグレードの相違点は、大きく分けて次の2点です。

その1つ目は、中高域の変化です。オリジナルと比べると、アップグレード後は、中高域の鮮明さが大きく改善されました。私の記憶では、オリジナルの中高域も良かったたと思うのですが、アップグレード後は、鮮明さが別次元くらいに上がり、人の声の通りが格段に改善されたようです。それに楽器、特にピアノの響きなども、とても鮮やかになりました。よくネットなどで耳にする感想になりますが、聞きなれた曲で、“こんなに多くの楽器が演奏されていたのか”と思うくらいです。中高域の鮮明さは、手元のEtymotic ER4(こちらもThousand Soundさんでリモールドをお世話になったものです)と比べても特に遜色がないという印象です。

2点目は、音の広がりです。そんなに多くは持っていないので何ですが、現在所有している、どのIEMよりも、今回アップグレードしたWestone 3の方が、音の広がりが数段上です。これだけ聞いていると、カナル型とは思えないくらい、音に広がりあります。ある意味、手元の床置きのスピーカー(古い機種で恐縮ですが、Harbeth HL Compact)を聞いているような気になるくらいです。

全体的に見て、当方にとっては、とても好きな音です。音を解析的に精確に再生することよりも、音を雰囲気で再生するというか、音の広がり重視の鳴り方をしてくれます。細かい点にこだわる聞き方をすると不満が残るのでしょうが、私のような雰囲気で聴くタイプのユーザーにとっては、今まで入手したIEMで、もっとも好きなモデルになりそうです。


 また、今度もThousand Sound(千音)さんでカスタムIEMをお願いしました。

今回は、 Westone 3と、同じくWestoneのUM2です。実は、どちらも半年ほど前に別のところでリモールドをしたばかりなのですが、千音さんの方が、シェルの作りと、耳のつけた時の遮音性やつけ心地がはるかに優れているので、またお世話になりました。

具体的には、まずUM2の方から。こちらは、主に外出時に予定ということで、リモールドのみにしました。予算が許せば、アップグレードも考えたのですが、今回はみおくりました。あと、シェル色は、半透明のワインレッドにしました。カナルはクリアにしてみました。


次にWestone 3ですが、こちらは、どうするか悩みに悩み、千音さんとも何度か相談した結果、アップグレードしました。オリジナル音質が好きだったのでリモールドだけで行こうと始めは思い、実際、リモールドだけで一旦注文したのですが、結局アップグレードに途中で変更しました。アップグレードの内容は、ドライバーを2つ追加して5ドライバーです。

シェルの色合いですが、Westone 3、UM2どちらも、個人的には、かなり好みに合っています。UM2の半透明の赤は、外の光にとてもよく映える色合いです。欲を言えば、Westone3のブラックの方は、もう少し中のドライバーが透けてみると良かったかもしれませんが、ただ、こんな感じの半透明のブラックも、透明なカナル部分との対比が綺麗なので、ここれはこれで有りな気もします。

シェルの作りは、Westone 3もUM2も、いつものごとく、特に気泡もなく、とても綺麗な作りです。

ケーブルのコネクター部分は、少々キツメですが、これだけシッカリしていれば、不意に外れる心配はなく、安心です。カナル部分の透明度も高く、良い感じではないでしょうか。

耳につけた感じは、これもいつも通りで、とても耳に馴染み、遮音性も高く、満足のいく出来です。

納期の方ですが、年末のせいで注文が混んでいるようで、それに、途中で私が注文内容に変更を加えたせいもあり、いつもよりは日数がかかり、中国とのEMSの往復も含めて4週間ほど。いつもより長いとはいっても、他の海外のカスタムIEMと比べれば、おそらくむしろ早いほうかもしれません。

音質の方ですが、今日は感想は控えておきます。まだ到着したばかりで、じっくり聴いていないもので。

と、以上が本日の感想でした。

 何かと雑用があり、ほぼ1ヶ月ぶりの投稿になります。

この夏頃にWestone UM3を別のところでリモールドしてもらったのですが、思うところあって、先日 Thousand Earsさん(千音さん)のところで、作り直してもらいました。これで千音さんに頼むのは3回目になります。

初めは、単にシェルだけ作り直してリモールド(Re-shell)をと思っていたのですが、千音さんと何度かメールしている間に、ふとアップグレードが気になりました。そこで相談してみると、かなり良心的な料金(中国からの送料込みで2万円を切る金額)で引き受けてくれると分かり、結局はリモールドではなく、アップグレードをしていただきました。

アップグレードの内容は、低音のドライバーを1つ追加して、合計で4ドライパーになります。千音さんによると、音的には JH AduioさんのJH13に近い雰囲気になるとのことでした。(個人的に実際にJH13の音を聴いたことがないので、なんとも言えないですが)

ということで写真の方を載せます。私の写真の腕が悪いので、シェルの色が少し黄色、あるいは茶色のように見えるかもしれませんが、実際は無色透明です。





先ずシェルの作りですが、これはいつも通りとても綺麗に出来ています。今回はフェースプレートもシェル自体もシンプルに透明無色にしてみました。気のせいか前の2回よりは若干透明度が違う気もしますが、とくに目立つ気泡もなく、透明度の高い仕上がりになっています。ポートの方は、穴が2つになります。

ドライバーですが、おそらく赤ないしは青の小さな点があるのが、今回追加になった低音用のドライバーだと思います。比較に今回のアップグレードする前の、単にリモールドしただけのUM3の写真も載せておきます。(こちらは、千音さんではなく、中国のBK Musical Ear Monitorで以前リモールドしてもらった時の写真です。)低音用のドライバーが有るか無いかで、シェルの中の空き部分がかなり異なってるのがご覧いただけるでしょうか。


ケーブル、別途に入手したWestone ESケーブルにしました。もっと音質的に優れたケーブルがあるのでしょうが。価格なことと使い勝手の良さを考えてこれにしました。3本ほどまとめてWestoneのアメリカから買ったので、送料込みでケーブル一本あたり4000円ほどだったように記憶しています。

音質の方ですが、なかなかじっくりと聴く時間がとれないので定かではありませんが、オリジナルのUM3と比べると、音質の傾向が結構変わった気がします。というか、まったくの別物になった気がします。オリジナルの状態でもかなりボーカルがしっかりしていたのですが、アップグレード後はボーカルがボリューム自体はあるのですが、よりスッキリ感が出たと同時に、上手く言えないのですが、しっとり感も出た印象があります。(当方の語彙が貧困で、音の説明がうまくできず、すみません)

低音を1つ足したので、低音が強くなりすぎるのではと心配していたのですが、実際に聴いてみると、オリジナルのよりは出ているのですが、度を超えることはなく、程良い具合になったようです。

個人的な好みで、敢えて言い切ってしまうと、かなり良い方向に変化してくれたようです。先日の千音さんの3ドライバーのモデル(TS322)や、オリジナルWestoneの3ドライバーのモデル(Westone 3やUM3)もとても好きなのですが、今回の4ドライバーにアップグレードしたUM3の方も同じくらいか、それ以上に気に入りました。気のせいかもしれませんが、低音のドライバーを1つ増やしただけなのに、全体的な音質がかなり品良くなり、とくにボーカルがよりリアルに聞こえるようになった印象です。今のところは、今回のアップグレードは正解だったようです。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    e-butler
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    r
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    E-BUTLER
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    toyota
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    すぎちゃん
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    マコト
  • UMさんの"Merlin"など、一部ですがハイブリッドIEMも、リモールド可能です。
    竹村 英実
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    和京神壱
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    角田
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    Tetsu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM