一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今回も前回と同じ話題になり、
千音さんでのリモールドについて頂いたご感想を掲載します。

頂いたご感想は、次の通りです。

====================================



音質の傾向としては、ER-4よりも低音が強くなっています。

たぶん抵抗関係の影響か、フィルタから先が長いことが影響しているのかもしれ ません。

高音は、変わらずといった感じなので、低音に少し負けている感はあります。だ からといって、バランスが大きくずれているという感じではありません。

私自身あまり低音が出るものが好みではないのですが、低音があり過ぎて困ると いうまでのレベルではないです。

世間一般からするとこれでもまだ低音が足りないというかもしれませんが、私的 にはもうちょっと抑え気味でもいいかなといった感じです。

ただ、解像度はER-4よりも格段上がっているので、細かい作業にはかなり向いて います。ER-4では聞き取れなかった所まで細かく聞き取ることが出来ます。これ はかなりの優位点です。

また、音場感もかなり広がっています。ER-4はどちらかというと音場が狭く聞こ えていましたが、リモールド後はワンポイントレコーディングを聞くとかなり詳 細に楽器の位置が把握できるかと思います。

IEMの作り自体ですが、空気も入っておらず、とても綺麗にできあがっていま す。発色も綺麗ですし、中身はかなりER-4の寸法に近いように作られていると思 います。また、ER-4のフィルタも付けられるように出来ており、ここまで忠実に 再現して頂けるとは思っておりませんでした。

フルレンジ一発でこれだけ性能が出てくるというのはすごいと思います。元々の 性能が良いと言うことに加え、千音さんの技術というのもかなりのものだと思います。

先日、千音さんでEtymotic Researchのリモールドをご注文されてお客さまから、
ご感想をいただきましたので、掲載いたします。


以下がそのご感想になります。
===================================

・オーダーに関して

海外へのオーダーは初めてだったので、e-butlerに代行をしていただいて大変助かりました。

こちらが申し訳なく思う程に丁寧に対応していただけたため、一連の注文を不安や疑問なく行えました。

費用も、私がネットで調べたものよりも安く済ませることができました。

「海外へのオーダーに挑戦したいけど、外国語に不安がある」という方には、e-butlerは必ず力になってくれると思います。

今回の注文において私はe-butlerにおんぶにだっこの状態でしたので、とても申し訳なく思っています。

しかし、製品などに関してはとても満足しています。ありがとうございました。


・製品に関して


本体>

問題なく耳にフィットしています。

初めてのカスタムIEMなので、これほどのものかと少し感動しています。

気泡も特に確認されないので、私は透明、半透明が格好良くてオススメだと思いました。

不満という不満はありませんが、あえて特筆するならば、ケーブルが私好みではないことです。

Westoneのケーブルにはねじれたような形状のものが多いと思いますが、私はあまり好きではないので

リケーブルするなど対応していきたいなあと思っています。

好みにも個人差があるので、これは仕方ないことだと思います。
 




音質>

既存のレビューにもよく書かれていたことですが、やはり低音が引っ込んで、高音がさらに伸びるようになっています。

シンバルなどの音は、取りようによっては少し刺さるようになった気がします。

ER4Sの得手不得手をさらに極端にしたような感じです。

私は主にクラシックを聴くために今回のリモールドに挑戦しましたが、むしろジャズの方が合っているかも?と思いました。

また、ボーカルは少し遠くから聞こえます。しかし、IEMは遮音性に優れているので問題なく聴くことができます。

元々ER4Sは女性ボーカルが得意だという印象がありましたが、それは健在です。

解像度はやはり群を抜いていますが、ER4Sと比較して、立体感がなくなったかなと思います。

私が思う一番良いところは高音の限界が感じられず、ストレスを感じることなく、気持ちよく聴けるところです。

私としては、今回のリモールドは大満足です。

今回のオーダーは何をとっても自分の期待以上のものであったと思います。

高音をもっと伸ばしたい、ER4Sの装着感を何とかしたいという方にはリモールドを強くオススメします。

逆に低音を強くしたいという方は、少し他の方法も考えてみてもいいかもしれません。

千音さんでの注文代行のご依頼を頂いたM様から、
本日、Etymotic ER4Pのリモールドについての
ご感想をいただきましたので、
急ぎ当方のブログに掲載させていただきました。

その記事を掲載する前に、
お忙しい中、ご感想をお送りいただいたM様に
心よりお礼申し上げます。

以下がM様からのご感想になります。
==================================

ER-4PTのリモールド


  


・外観

全てクリアという指定でした。
気泡などは評判の通りほとんどありません。

非常に満足しています。
カスタムIEMは初めてなので、
このレベルが基準になってしまいそうですwww
 

・フィット感

良好です。しっかり耳にフィットしてくれています。

強いて言えば右耳に少し違和感がありますが
リフィットに出すほどのレベルだとは感じませんでした。


・遮音性

上記の通りとても良いフィットをしてくれるので遮音性は素晴らしいです。

付けているだけである程度周囲の音が減少しますし、
音楽を再生すればほとんど聞こえなくなります。

ただ、フェイスプレートに対して
垂直に話しかけられるとある程度は聞こえます。
 

・ケーブル

今回リモールドを検討した理由の一つが、ER-4PTのタッチノイズでした。

リモールドして、Westone等に使われる2ピンケーブルになりました。
タッチノイズは気にならないレベルになりました。非常に満足しています。
 

・音

一番のポイントですが、音質は素晴らしいの一言に尽きます。

リスニング環境は

iBasso Audio HDP-R10
+ER-4PT(今回のリモールド機)
+ER38-24(ER4PTをER4S化するアッテネーター)です。


音楽のリスニング用に使っていますが、
全ての楽器が正しい位置で正しい距離から鳴っています。
余計な低域も排除されていて、必要なだけを繊細に鳴らしてくれています。

心なしかプラシーボか遮音効果か、
ER-4PTよりも音質は一回り良くなっているような気がしますww

ただ、音場はER-4PTと同じです。広くはありません。
 

・総評

全体的に、非常に満足しています。
外観も良く、フィット感や装着感にも問題はなく、音は素晴らしい。

インプレッション採取と発送に若干の期間が空いたり、
中国税関で止まる期間が長かったりとインプレッションの収縮が心配でしたが、
全て問題ありませんでした。

そして、今回代行してくださったFさんが、
日本→中国、中国→日本それぞれの移動の状態を
逐一メールしてくださるなど、対応が親切で、
初IEMでしたが心配なく待っていられました。

今回代行を依頼して大正解でした。本当にありがとうございました。
また、機会があればよろしくお願いします。

2年ほど前にSennheiser IE8を、Unique MelodyさんでBAを2つ追加して、3ドライバのハイブリッド・カスタムIEMのアップグレードしてもらったのですが(以降、IE8☓3)、色々と悩んで、今回リモールドしてもらいました。一度アップグレードしたものを、またリモールドするなんて、なにか無駄なことをしている気もしたのですが・・・
 
聞くところによると最近のUMさんのシェルの出来は良いらしいのですが、
でも、私がお願いしたところのUMさんのシェルの出来は、あまり良いものではありませんでした。他のIEMメーカー(1964 Earsさんなど)と比べると、シェルのアクリル樹脂の質感は、品質の高いものではなく、透明度に関しても、レベルの高いものとは言えず、最初からいくらか白く濁っていました。そして、年月が経つにつれて、気のせいか一段と白濁が進んできました。
 
そんなこんなで、今回のリモールドになったわけです。といってもリモールド自体を考え出したのは、UMさんにお願いした直後で、それが実際に注文出来るまでには大きな問題があり、足掛け2年のリモールドになってしまいました。
 
その問題とは、どこにリモールドをお願いするかです。アップグレードをお願いしたUMさんは、シェルの出来の問題があり、最初から候補外。他にめぼしい海外のカスタムIEMメーカーに問い合わせたのですが、ハイブリッド・カスタムIEMのリモールドはしてないと引き受けてもらえず、いつもお世話になっている中国の千音さんにも問い合わせたのですが、良い返事はもらえず・・・国内のメーカーにも問い合わせたのですが、やはり良い返事はもらえずじまい。そこで、困ったはてに、ダメ元で千音さんに、もう一度問い合わせてみたところ、予想に反して、引き受けても構わないとの嬉しい回答。この機を逃したら、二度と機会は巡ってこないだろうと思い、千音さんの気が変わる前に、急ぎリモールドを頼んだのが、この2013年の12月。待つことほぼ1ヶ月で、IE8☓3が手元に帰ってきたのが、つい先日。
 
といった具合に、その2年越しのリモールの結果をと言えば、まず一言、大成功。本当に大成功です。ここ1年以上、UMさんのIE8☓3の出番は全くなかったのですが、今回のリモールドのおかげで、出番がグッと増えること決定です。
 
シェルの出来は予想通りとても高いレベルなのですが、それよりも何よりも、音質の劇的向上。これは、全く予想外でした。当方、イヤホンの技術面まったく無知なので、詳しいことは全然分かりませんが、とにかく、リモールドの前と後で、音質的に全く別のハイブリッド・カスタムIEMになりました。
 
リモールド後一聴した時は、左右のバランスがあまり良くなく、『あっ、やってしまった。リモールド失敗!!』と思ったのですが、1時間ほど曲をかけ続けると、『これはこれで面白いかも』に印象が変わり、一晩たってもう一度聴いてみると『とても面白い』に。


 







 
 
音質の変化は次のとおりです。UMさんIE8☓3と比べると、今回の千音さんでリモールドしたIE8☓3は、
 
1)中高域: UMさんのアップグレードのままだと、
       ベールがかかったような、
       モヤモヤした感じの不鮮明な中高域が、
       手元のカスタムIEMの中でも
       最上位に来るくらいスッキリした、
       透明感のあるものに大変身。
 
2)低域: 分解能力が高いかは別として、
      UMさんの時点でも量感のある低域が、
      同様かそれ以上に量感のあるものに。
 
3)音場: これは、左右にとても広いものに。
      手元のカスタムIEMでは、
      おそらく一番くらいに広い印象。
 
 
とくに1)の中高域と、3)の音場が左右に一気に広がったためか、音楽を聴いていて、とても開放感のある、楽しいものになりました。オリジナルのIE8の記憶が薄れているので断定は出来ないのですが、おそらくオリジナルIE8と同等か、それ以上に伸びのある音で、とても楽しく曲を聴かせてくれます。Halie LorenのBlue skiesを聴いた時のピアノの響きや、ボーカルの質感など、本当にうっとりするくらい良い感じです。音量を上げて聴いても、不快な響きもありません。褒め過ぎかもしれませんが、カナル型にも関わらず、良質な開放型のオーバーヘッド型のヘッドホンで音楽を聴いているような気持ちにさせてくるハイブリッド・カスタムIEMになりました。
 
もとものとUMさんのIE8☓3が、音質的にあまり良くなかったのもあり、今回のリモールド後は、外出用に使えれば良いくらいにしか考えていなかったのですが、この出来の高さからすると、室内でじっくりと音楽を楽しむのに使うべきかとも考えています。
 
いったい、千音さんは、何をどうして、リモールドだけで音質をここまで改善できるのか本当に不思議です。千音さんの普段の注文リストには入っていないのですが、Sennheiser IE8/IE80のアップグレードを是非、常時注文可能にしていただきたいくらいです。
 
音質の話は、このあたりにして、今回のリモールドの、そもそもの目的、つまりシェルの美的改善について手短に。これは、予定通りの良い出来です。UMさんのシェルと比べると、千音さんのシェルは、格段に出来が優れています。
 
1)アクリル樹脂の質感

2)シェルの透明度

3)シェルの出来の堅牢さ

4)シェルのフィッティング感

 
どれをとっても、千音さんの方が上です。
 
比較の意味でUMさんのIE8☓3と、千音さんでリモールドしたIE8☓3の写真を載せておきます。フェースプレートが薄いグレーの方が、UMさんのになります。当方の撮影技術が未熟なため、上手く2つの差がハッキリすると良いのですが。

 







 
 
UMさんと、日本ではマイナーな存在の千音さんを比較してみると、少なくとも私見では、千音さんの方が、シェル作りの腕もずいぶんと上な印象です。
 
以上、UMさんのIE8☓3を、千音さんでリモールドした感想でした。

 

当ブログでお世話になっているT様から、千音さんでのEtymotic ER4Sのリモールドに関するご感想いただきましたので、そちらを本日掲載いたします。今回、記事の掲載をお許し頂き、T様にお礼申し上げます。

いただきましたご感想は次のとおりです。

◆ER-4Sのリモールドに関して







※シェルの外観
本当に素晴らしい出来あがりです。
気泡や濁りのようなものは全く見られず、綺麗に透き通って見える配線やユニットは見事でした。またイヤーフェイスの部分は黒を注文しましたが、全く中身が見えないのではなく、外からもうっすらと中身が見える作りには惹かれるものがあります。

※シェルの作り
カスタムIEM自体が初めてなのですが、ここまでぴったりと出来上がるものかと感心しました。今まではER-4SではComplyのイヤーチップを使用していました。
しかし、Complyをもってしても、快適に聴くことの出来る位置に装着するには少々難儀したのを覚えています。そういった煩わしさを全く感じさせない作りはカスタムIEMならではだな、と思いました。慣れるまでは左右の違いがすぐに分からず、ちょっと装着に手間取りましたが・・・(汗

※遮音性について
元々Complyを使用していましたが、それと比較しても負けず劣らずの遮音性です。
音楽を鳴らした瞬間に、それ以外の音が全く入ってこないのがカナル型の強みですが、前述の装着性ともあいまって快適なリスニング環境を作ってくれます。

※音質について
ケーブルおよび抵抗が変化しているためか、元のER-4Sから変化したように感じます。

中・高音については元のER-4Sがさらに高性能化された印象です。
ハイハットやシンバルなどの音はさらに細かく、ハッキリと聞こえるようになりました。
またピアノなどの音ものびやかに艶っぽくなり、ボーカルは合唱のパートなどで各個人の声が区別可能なほどに聞こえるという感じです。
総じて分解性能は格段にあがり、それに伴って音の定位も向上しました。
個人的に好きな『各楽器と声、その音が分離され、明快に聞こえる』という傾向にぴったりでした。

しかし、良い面ばかりでもありません。

低音に関しては、全く出ていないという事ではありませんが、『出ているけど、中・高音に負けている』という印象です。
曲によってはガラッと印象が変わるので少し驚きました。
もう少しフラットを目指して低音が出るようになれば、私の中では理想に近い音になりそうです。
音の広がりに関しても、ER-4S自体が元々広くなかったので、それをそのまま受け継いでいます。
またボリュームに関しても、十分に取れてはいるんですが、もう少し大きくしたい衝動にかられています。
このあたりはヘッドホンアンプなどの機器と私の財布との相談になりそうです。

※総評として
突然のご依頼から、紆余曲折あり完成したリモールドでしたが、満足度は相当高いものです。
何より、自身が思い立ってから三度目の正直でしたので、手元に届いたときは本当に嬉しかったです。
これから使い込む事によってどんな変化があるのか、楽しみにしながら日々の視聴を重ねていきたいと思います。

 このブログで以前にも、記事を頂いた、S様のご感想を投稿します。S様には、去年の11月の末に、Thousand SoundさんでのEtymotic ER4のリモールドについて、ご感想を頂いております。

今回は、そのS様から、同じくThousand Sound(千音)さんに依頼された、Shure SE535のリモールドに関しまして、記事を頂いおります。

早速ですが、頂いたご感想と写真を以下に掲載いたします。

=========================================

リモールドしていただいたSE535が届いてから10日ほど経ち、その間聞き込んでみましたので、その感想をお伝えします。




装着感・遮音性

前回のER-4Sの時より、耳道部先端のシェルが若干小振りになっています。そのため、時にきつく感じるぐらいにピッタリの装着だったER-4Sのものより、装着しやすくなっています。ですが遮音性はER-4Sと比べても遜色ありませんでした。


音質

全音域がバランスよく出ていて、SE535の音質らしいと思いました。音の透明感や分離度ではやはりER-4Sの方が分がありますが、SE535は高い音質が全音域にわたってバランスよく出ているので、これはこれで非常にいいです。それとインピーダンスが低いので、iPodで音楽を聴くには、ボリュームを大きくしなくても必要な音量が出せるのは大きなプラスだと思います。


前回リモールドしていただいたER-4Sとどうしても比較する感じになりましたが、総じて、楽しく聴くにはSE535、分析的に聴くのはER-4Sという感じの使い分けができそうです。音楽を聴く楽しみ方が増えました。ほかにも色々な曲を聴いて試して見たいと思います。



今回は、私の記事ではなく、このブログを通してお知り合いになったS様からいただいた記事を投稿します。そのS様の記事の前に、今回の経緯を少しばかり。

S様には、以前の当方の記事(Thousand EarsさんでのEtymotic ER4のリモールド)に、度々書き込みを頂いております。それがご縁で、先日、S様のER4SをThousand Earsさん(以後;千音さん)でリモールドするお手伝いを当方でさせていただきました。

千音さんにリモールドをは注したのがこの10月のほぼ末日で、実際にリモールドが完了しS様のお手元に届くまで、海外便の往復の日数を含めまして、ほぼ20日ほどでした。(中国の天候が良くないため、先方から日本への小包が届くのに手間がかかってしまい、それが無ければ、もう2〜3日ほど早く日本に届いたのですが。)

余談ですが、私が以前、千音さんでリモールドお世話になった際もそうだったのですが、今回のS様の場合も、日本の税関の検査が日曜にありました。以前、ネットなどで聞いた話では、日曜は税関が休みで、検査は週明けの月曜になるはずだったのですが、どうやら、日曜も税関検査を行っていただけるようです。税関の職員の方に感謝しております。

と余談が長くなりました。
S様のとても丁寧で詳細なコメントに、心よりお礼申し上げます。
以下にS様から頂いたご感想と写真を掲載いたします。

======================================




外観:添付した写真のとおり、シェルには特に気泡も見当らず、透明度も非常に高く、十分満足行く仕上がりでした。

装着感・遮音性:写真撮影後、装着してみました。リモールドは最初なので、カスタムのサイズが予想よりも大きく、従来のものに較べるとやや耳にきつく感じられ、装着には難儀しました。特に私の左の耳穴はくびれている箇所があるので、最初の装着時は、なかなかうまく装着でませんでした。左耳の装着にはコツがいるようで、慣れるには多少時間がかかりそうです。しかし、一旦しっかり装着できると、痛さやきつさが嘘のようになくなりました。そして装着した後の遮音性の高さには驚きました。この遮音性は間違いなくリモールド前のものをしのいでいます。以前は装着していても、こうしてPCの前でマウスのホイールを操作した際の音などがはっきり聞こえていたのですが、リモールド後は、注意して聴いてかすかに聞こえる程度でした。このシェルの出来はとりわけ満足できるものでした(インプレッションを採取した補聴器さんによるところも大きいと思いますが)。

ケーブル:千音さんに手配していただいた、Westoneのケーブルは非常にしなやかです。タッチノイズの軽減度・ケーブルの扱いやすさは、本来のものとは雲泥の差と言えます。

音質:まだしばらく聞き込む必要があるでしょうが、現時点での結論を申しますと、音のバランスが大きく崩れるようなことはないと思います。若干音質が変わった感じもしますが、これはリモールド以前でもイヤーチップを変えた時に生じるもの(3段キノコ型のイヤーチップから黒スポンジのフォームイヤーチップに変えると、音が籠もった感じになるように)と同じだと個人的には思っています。

私がよく聴く音楽は主にクラシックで、それもピアノ曲や室内楽が中心ですが、これらを聴く分には申し分ないと思います。ピアノの透き通った音色がとてもきれいに出ますし、低音も引き締まった感じの音がしっかり出ています。中高音域も非常にシャープで、ER4S本来の解像度も失われているようなこともありません。このジャンルを聴くのにはとても素晴らしいと思います。

一方、オーケストラ曲を聴いた場合ですが、ER4Sは元からエッジが強めで、音の分離が明快なので、さまざまな楽器の音がブレンドされずにくっきりと出る傾向があります。このあたりで好みが分かれそうです。低音も十分出ていて、決して悪いとは思いませんが、曲によっては、上述の音の分離のよさが若干仇になるケースがある気がします。手元にあるShureのSE535と比較して聴いた場合、このジャンルを楽しく聴くというのでは、やはり分が悪いと感じました。もっとも、このあたりはエージングが進めば変化する可能性もあるので、最終的な結論は保留にしたいと思います。

あと、これはリモールド云々以前に、ER4S自体の問題として、インピーダンスが高いため、iPodなどの携帯の再生機で聴く際には、ボリュームをかなり上げないと、十分な音量が得られないという問題があります。iPodに直挿しの場合、あまりボリュームを上げすぎると、音がざらつくように感じましたので、ポータブルヘッドホンアンプ(私の場合はaudio-technicaのAT-PHA31iです。iPodのバッテリーの減りが速くなりますがこれは仕方ない)に接続した方が、無理せず音量が取れると思います。

いろいろ書きましたが、総じてリモールドして試してみて本当によかったと思いました。そしてカスタムIEMというものがこれほどのものだとは予想外で、これにはまった人の気持ちがよく分かりました。リモールド初体験で、他のところと比較はできませんが、千音さんのものは、シェルの出来やコストパフォーマンスのよさからも、かなり評価できるものだと思います。




ER4が、 手元に戻ってきて10日ほどたったので手短に感想を。


音楽はボサノバになりますが少し、あとは主にアメリカのテレビドラマを中心に聞いてみたのですが、個人的にはリモールド前の心配に反して、けっこう良い感じになりました。

高域が特に耳に刺さるようなこともなく、とにかく人の声が、かなり綺麗に聞こえます。SやSHなどの摩擦音も特に耳障りではなく、うまくりEtymoticの特徴が出ているようです。とにかく人の肉声がスッキリと聞こえるので、心地良いです。

低音は、元のER4の性質上あまり豊かではないです。例えば、先日リモールドしたWestone UM3やWestone 3と比べると、明らかに低音は出ていないです。その意味では、低音をしっかり鳴らして、音楽を楽しむのには今ひとつだと思います。

全体的な出来を考えると、低音のことは、もとのER4の特徴から考えても仕方のないことなのですが、やはり、高域から中域のクリアな音質を考えると、Thousand SoundさんのER4のリモールドは、かなりの出来だと思っています。

 だいぶ悩んだのですが、思い切って手元のEtymtoic ER4をリモールドしてもらいました。

ネットで調べてみると、ER4はリモールドすると中高域が強くなり過ぎで、バランスが崩れてしまうようで。ただ、やはりケーブル断線の心配やタッチノイズ、それに付け心地を考えると、リモールドしてみる価値がありますし・・・それで3週間ほどかけて、ネットで調べ、リモールドしてくれそうな業者さんに問い合わせた結果、中国のThousand Soundさんにお世話になることにしました。(ちなみに、私の調べた範囲で、ER4のリモールドをしても構わないと言ってくれた業者さんは、Thousand Soundさん以外には、シンガポールのStage 93さん、同じくシンガポールのAudio Hubさん、あとアメリカの1964 earsさんでした。Unique Melodyさんは、私が聞いたときはOKしてもらえませんでした。)

今回お世話になったThousand Soundさんのことを少し書きますと、次のような具合です。基本的にこれらは、Head-Fiで幅広く様々なカスタムIEMをレヴューされているaverage_joeさんの記事から得た情報です。

  1)ついこの前まで中国の国内の注文だけで、
    海外からの注文も受け始めたのはつい数カ月前のようです。

  2)シェルの出来は極めて優れている。

  3)リモールドではないのですが、カスタムIEM機種によっては、
        どうやらEtymotic と同じBAを使っているようです。

とくに3)に魅力を感じ、Thousand Soundさんにお世話になることにしました。それが3週間ほど前です。

そのER4が昨日帰ってきました。実質的にリモールドは2週間ほどで完了したのですが、週末が入ってしまったせいもあるのですが、広東の税関で思いの外に時間がかかってしまい、日本から手元のER4が先方に付くまでに5日間近くかかりました。これがなければ、もっと早く出来合ったのですが。

と前置きが長くなりましたが、そのリモールドの結果は、かなり良好です。




私の耳が鈍いせいかもしれませんが、音質的には、中高域が突出してしまいバランスが崩れるようなことは、まったくありませんでした。また先方に送ったのは手元のER4Pで、それを抵抗の方で調整しER4Sに近づけてもらったせいもあるのでしょうが、リモールド前と比べると、音が全体的にとても落ち着いたくらいです。あと、シェルに内蔵していただいた抵抗は、オリジナルのケーブルに入っていたものではなく、Thousand Soundさんが用意されたものでした。

先方とのメールのやりとりでも感じていたのですが、Thousand Soundさんは、ER4のリモールドにお詳しいようです。今のところ音質的にはリモールドは良かったようです。



シェルの出来は、Head-Fiのaverage_joeさんのコメント通り、とても素晴らしい出来でした。シェルには目立った泡らしきものはなく、透明度は本当に高いものです。フィット感もかなり良いかと思います。けっこう、しっかりと耳の奥まで届いている感じです。あと、ケーブルはThousand Soundさんのものではなく、こちらで用意したWestoneタイプのピンを持つケーブルで、シェルの方には、こちらの要望に合わせていただき、Westoneタイプのソケットを付けて頂きました。1つ気になったのは、ソケットとケーブルのサイズがかなり厳しいらしく、ケーブルをシェルに取り付けるのに、けっこう力が必要だったことでしょうか。(先方に問い合わせ見ると、とにかくグッと押してみてくれ、とのことでしたので、壊れるかも心配だったのですが、思いっきり力をいれると、上手くいきました。)

まだリモールドから帰ってきて1日にもならないので考えが変わるかもしれませんが、Thousand Soundさんのおかげで、ケーブルの断線の心配もなく、快適なつけ心地で、しかも好みの音質でER4を楽しめそうです。出来れば近いうちで、Thousand Soundさんで、リモールドではなく、純粋にカスタムIEMをお世話になってみるかもしれません。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    e-butler
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    r
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    E-BUTLER
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    toyota
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    すぎちゃん
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    マコト
  • UMさんの"Merlin"など、一部ですがハイブリッドIEMも、リモールド可能です。
    竹村 英実
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    和京神壱
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    角田
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    Tetsu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM