一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

先日書いたRSA( Ray Samuels Audio)さんのthe Intruderを、入手しました。といっても、もう数週間前に入手していたのですが、記事にするのが今日まで遅れてしまいました。
 

 
ということで、今更ですが、the Intruderの入手までを少々。

1)注文から入手まで

注文と支払い:RSAのサイトから直接注文できるようにはなっていないので、少々面倒かもしれませんが、Samuelsさんにメールして、注文の旨さえ伝えれば、数時間以内に支払いの総額と、先方のPaypalの口座の連絡があり、あとは、その口座にPaypalから支払いするだけですから、特に難しいことはないように思います。

発送:日本時間の月曜のお昼ごろに支払いが完了して、実際に発送になったのは、日本時間で翌日の火曜夕方でした。ちなみに、支払いが火曜に完了しても同じように火曜に発送になるのかもしれません。日本時間の月曜に入金しても、Samuelsさんの現地の時間は日曜ですので、発送が翌日になった可能性が大です。注文前にメールで問い合わせたところでは、基本的には支払い完了の当日に発送してくれるそうですから、先方の営業日(日本時間の火曜から土曜に)に支払いを済ませるほうが、より早く手元に届くのかもしれません。

追跡番号:ネットで見かける話とは良い意味で異なり、発送完了前後には、Fedexの追跡番号の連絡もありました。もっとも、今回は、注文の時にメールで、追跡番号を知らせていただけるようにお願いしたからかもしれませんが。どちらにしても、追跡番号のおかげで、アンプの到着まで安心していられたのは事実です。

配達日数:日本時間で、火曜の発送、木曜に日本に到着、即日税関審査も完了ですから、FedExはとても迅速な業者だと思います。ただし、日本国内についてから、FedExから、国内の別の配達業者に委託されるのですが、そこからの流れが少々順調でなかったのが気になりますが・・・その件はともかくとして、金曜の昼には手元に届きましたので、配達には、発送から実質4日もかかりませんでした。

顧客対応:と書くと大げさにですが、Samuelsさんの対応は、とても素晴らしいの一言です。そんなに海外の業者さんと取引したことはないですが、Samuelsさんの顧客対応は、非常に良いと思います。日本の大半の業者さんと比べても優れているように思います。購入前に、メールで細々と質問を何度もしたのですが、どのメールにも迅速に対応いただき、遅くても半日以内には回答してくださいました。メールの文面も、アメリカの業者に多い、雑な文ではなく、また、変に硬い、丁寧すぎる無味感想な定型文でもなく、おそらく、質問ごとに回答をその折ごとに作成されていると感じのする気さくな文面で、お人柄のしのばれるメール対応でした。機種の選択から何から10回近くメールのやり取りをして、不快な思いは一度もありませんした。

2)The Intruderの外観と音質

The Intruderの外観ですが、小型で重量こそ有りませんが、アンプの入ったシャーシーの出来は、噂通りにとても満足の行くものでした。シャーシの黒の色合いといい、表面のヘアラインの加工、どれをとっても、実際に手にとった時の印象はとても良いものが有ります。

音質の方は、まだ十分にバーンインが不十分なことや、当方の駄耳からして断定できないのですが、少なくとも今まで入手した USB/DACよちも、the Intruderは、カスタムIEMにとても似合うものであり、ホワイトノイズも無く、今のところ音質的にも大滿足しております。もう少し丁寧な音質について感想は、また次回にできれば良いのですが。


 

今頃という気もしますが、RSAのUSB/DAC、The Intruderを
Ray Samuelsさんに注文しました。
 
購入を決めるまでに、ノイズのことや給電の件
バランス駆動の件など幾つか気になることがあって
メールで何度か質問したのですが、どの質問も
明確に、しかも迅速に回答して下り、とても良い印象を
受けました。
 
ネットの方では、入金後は、Samuelsさんの方から
特に何の連絡もなく、不安感もあるような書き込みを見たこともあり
メールにてお願いしたところ、Samuelsさんから発送の前に
荷物の問い合わせ番号もメールにて知らせくれました。
品物の到着まで、まだ数日かかるのでしょうが
ここまでのところ、とても順調な展開です。

 Ratoc社のUSB DAC付きヘッドホンアンプ、RAL24192UT1を使い始めて、もう1週間になりますので、このあたりで、簡単なリビューを。



結論を先に。

まず音質の方は、かなり満足の行くものです。
ただし、音質以外の点で、気になることが1つあります。

その音質ですが、先日まで使っていたProdigy Cube(オペアンプMUSES02換装済)との比較で話を進めますと、高域の伸びが、けっこう良くなったようです。低域の方は、低域も過不足なく鳴ってくれます。ただし、低域重視のユーザーにとっては物足りないかもしれません。

それと、
Prodigy Cube(オペアンプMUSES02換装済)と改めて比べると、RAL24192UT1の方が、全域にわたり、ベールのようなものが取れ、透明感が向上しています。その反面、透明度と引き換えに、ボーカルのシットリした雰囲気が減った感じもします。ただ、透明度と言いますか、解像度が上がり、情報量が増えたも事実です。

音の広がりは、Prodigy Cubeと比べると、一回り以上広くなった印象を受けます。Prodigy Cubeだけ聴いている頃は、これで十分に音の広がりがあると思ったのですが、今は、Prodigy Cubeの音は
固まっていると言うか分離感がよくないかもしれません。

以上が音質面の感想です。ここからは音質以外のことを少々。

使い勝手の面で、1つだけ気になる点があります。RAL24192UT1は、パソコンから電源を取ったり、あるいはバスパワーのUSB Hubから電源を取るのは、あまり懸命ではないようです。少なくとも、当方の使用環境では、RAL24192UT1用に、別に電源を確保する必要がありました。

おそらくハード的な問題だと思うのですが、パソコン、あるいはバスパワーのUSB Hubから電源を取ると、手元のMacが不安定になるようです。

例えば、RAL24192UT1を使っていると、QuickTimeの再生が出来なくなったり、システムがフリーズするなど。初めはソフトの問題かと思い、いろいろ試したのですが何も状況が改善されず、そこで、RAL24192UT1をMacから取り外すと、上の問題が全て解消されました。

どうも問題はMac側ではなく、RAL24192UT1にあるようで、この1週間はRAL24192UT1の電源周りを中心に試してみました。

まず、セルフタイプのUSBハブをかませると上の問題が基本的には解消されるようです。ただ、それでも、ボリュームのノブを調整するとき、特に小音量のあたりで調整する間だけ、ブツブツとノイズが入ることが時折起きました。

そこで、次は、手元のACアダプター(4.5ボルト、500ミリアンペア)から電源を確保しました。ちなみにRatocのサイトによると、5ボルト、500ミリアンペア以上のACアダプターを使うようにとありますので、その点では、この手元のアダプターは、少々容量不足になるのですが、それでもボリュームの安定性が上がるようです。

ということで、最終的には2000円前後のアルチタイプのACアダプター(5V1A)を入手し、これから電源をとってみると、今のところ、Macのシステムの件もボリュームの件も問題が解消されるようです。(別売りで、メーカー純正の電源アダプターが3種類ほどあるようなのですが、予算の都合で、今回は別のメーカのアダプターを使うことにしました。)

RAL24192UT1は、音質も良い感じですし、本体の作りも基本的に納得が行くだけに、この電源の件が少々残念かもしれません。

 それで、Luxman DA100が気になったまま地元に戻ったのですが、でも地元ではどこにも視聴はおろか、ろくに展示もない状態で、仕方なく、ネットで情報収集に。そこで、分かったことは、DA100を所有している方のほとんどが、

1)音質に非常に満足しておられること
2)本体の作り、質感も優れていること

この2点について意見が一致していること。これを知り、一気に購入に踏み切りたかったのすが、ここでまた問題が。初期ロットが全て売れてしまったらしく、この1月の時点で、ネット上では、どのお店も在庫無しばかり。1月の末には在庫の状況が回復するということだったのですが、今ひとつそんな雰囲気が感じられず。そこで、Luxmanのカスタマーサービスに問い合わせたところ、時期が遅くなり2月まで在庫の方はズレこむとのこと。

こうなると、仕方がないので、ネットでさらに情報収集を継続することに。すると、意外な情報が価格コムさんにありました。それによると

3)上位機種のDA200とことなり、DA100は、Shure SE535で聴くと、ホワイトノイズが気になる(価格コムさんの評価より)

これは、私にとっては、非常に大きな問題です。気に入っているイヤホン・ヘッドホンは、全てIEM。インピーダンスの高いEtymotic ER4Sなら何の問題も無いのですが、ただ、WestoneのリモールドしたUM2, 4ドライバーにアップグレードしたUM3、5ドライバーにしたWestone 3、それにThousand Soundさんオリジナル3ドライバーのTS322。どれもこれも、ホワイトノイズを拾いやすく、この情報は無視できません。大阪まで出かけて、視聴できるお店に行けばいいのですが、時間も交通費を考えると、悩んでしまいます。こういう時、地方にいると本当に困ります。

ということで、Luxmanにもう一度電話をして、このホワイトノイズの点を確認してみたところ、基本的に心配の必要はないとこのことでした。ただ、WestoneやShureなどの低インピーダンスのIEMで実際に確認をしたことは無いということで、悩みに悩んで、今回は、残念ながらDA100を見送りに。

そこで、さきほどのStyleaudioのCARAT TOPAZ Signatureを取り敢えず第一候補にして、さらに機種探しを再開。それで決まったのが、次の3機種。

候補5:TEAC UD H01
候補6:Furutech ADL GY40 
候補7:Ratoc RAL 24192UT1

これに先ほどの

候補1: Styleaudio CARAT TOPAZ Singnature

を含めて、計4機種から選ぶことにしました。

ただ、ここでもやはり地方では実際に視聴できないという壁が立ちはだかり、困った末に、大阪の eイヤホンさんに電話したところ、お店の人から、

当方の好み等を考慮して、実機にて音質の確認をしてもいいですよ。

と、思いがけない提案があり、eイヤホンさんの方で聴いていただき、その感想を聞かせてもらうことになりました。eイヤホンさんには、本当に感謝しております。

ということで、その結果は、

候補1: Styleaudio CARAT TOPAZ Singnature
中域はよく出ているが、Westone UM3などで聴いてみると、高域と低域の伸びが今ひとつとのことでした。ということで、意外なところで、こちらは見送りに。

候補5:TEAC UD H01
こちらは、中高域の伸びも優れていて、eイヤホンさんは、良い印象をお持ちのようでした。私自身もこちらの機種には、以前から、かなり興味があり、半ば購入するつもりだったのですが、2つほど気になることが。

1)ネットの評判が今ひとつ良くないこと
2)本体の質感が今ひとつ。
  全面はアルミで、天板がアクリルだったのは良いのですが、
  側面が銀色の樹脂というのが気になります。

といことで、こちらの機種も残念ながら見送りに。

残ったのは、

候補6:Furutech ADL GY40 
候補7:Ratoc RAL 24192UT1

この2つ。こちらの機種は、ネット上ではあまり評価や情報がなく、事前には、ほとんど期待していなかったのですが、しかし、eイヤホンさんによると、この2機種は、基本的に、両方とも、当方の要望を全て満たしているとのこと。これは本当に予想外でした。共にホワイトノイズも気にならず、中高域の音の伸びが優れ、低音が出過ぎることもなく、本体の質感も悪くなく、部屋の家具との相性も良さそうで、価格も予算内。

ということで、あとは、どちらに絞り込むか。その時に決め手になったのが、eイヤホンさんの一言。

正直、Ratocのこの機種が、WestoneなどのIEMと、こんなに合うとは思っていなかった。

このご感想により、この数ヶ月に渡る機種選びは、Ratoc RAL 24192UT1に決定したしだいです。





実際に、こちらの機種を eイヤホンさんから購入して、今日で約1週間になりますが、感想は基本的にとても満足しています。まず、手元のWestoneやEtymotic、それにShureのリモールド、あるいはアップグレードしたIEMとの相性は、かなり良い感じです。低音が過多になることなく、中高域の透明ども高く、本体の質感も十分に許容範囲内です。欲を言えば、

1)ボリュームを調整する間だけ、若干音が崩れること
2)底板の樹脂製の脚の質感が今ひとつなこと
3)USBケーブルからの電源に加え、
  これ以外に独立した電源をとることが出来るのは嬉しいことなのですが、
  それ用の電源アダプターが別売りで、価格的に少々お高いこと

この3点、特に3番目の電源の件が残念でした。と気になる点を書きましたが、全般的に見て、Ratoc RAL 24192UT1は、今のところ、かなり良い選択肢だったように思っています。

あらためて、今回の機種選びにあたり、eイヤホンさんに何かとお世話になったこと、心より御礼申し上げるしだいです。私のように田舎に住んでいて、実機に触れることがなかなかできないユーザーにとって、eイヤホンさんのような、親切なお店の存在は、本当に有難い限りです。

追記:今回、もう一つ以外が発見がありました。それはProdigy Cubeのコストパフォーマンスの良さです。オリジナル音はともかく、Muses 02にオペアンプを換装したCubeの音質と言うか、音の快適さが、かなり高い次元ということを再確認しました。Prodigy Cubeは、この種のUSB DAC付きヘッドホンアンプとしては、もう古いモデルになるのでしょうが、よいMuses 02のオペアンプにすれば、今の機種と比べても、かなり良いレベルにあり、価格等も考えると、これはこれで、とても良い選択肢と言えるように思いました。

今までは、価格が2万円未満のUSB DAC付きヘッドホンアンプばかり使ってきたのですが、今回はもっと良い音質で音楽を楽しみたく思い、もう一台、USB DAC付きヘッドホンアンプを購入することにしました。


ちなみに今まで手元にあった機種は、次のとおりです。


JAVS nano/S

(音域全体にわたり、けっこう綺麗に再生してくれます。ただし

インピーダンスの低いIEM、Westone UM3などで聴くと、ホワイトノイズがひどいです。手元のIEMでは、リモールド済みのEtymotic ER4Sだけ相性が良いです。)


JAVS nano/V

(上の nano/Sと比べると、上位機種になるためか、音質が向上します。中域から、高域の音の透明感はかなり良い感じです。ただし、これも上の機種と同じで、インピーダンスの低いIEMで聴くと、ホワイトノイズが、かなりひどいです。もしこれでホワイトノイズがなければ、この機種は、コンパクトで、本体の質感も良くて、好きなのですが・・・)


FiiO E7

(こちらは上のJAVSの2機種と比べると対照的に、ホワイトノイズが全く気にならないレベルで、その点では、Westone UM3など、インピーダンスの低いIEMに合っています。本体の質感もかなり良く、ポータブルとしては優れているかもしれません。ただし、肝心の音質は、全体的に音の伸びがあまりなく、特に高域の音が詰まった感じで、聴いていて、個人的には楽しい感じがあまりしないようです。)


Prodigy Cube オペアンプをMUSES 02に換装済み

(こちらは、1年ほど使っていますが、かなりコストパフォーマンスが高くて、個人的には、とても気に入っている機種です。購入してすぐにオペアンプをMUSES 02に交換したので、オリジナルの音はまったく知らないのですが、MUSES 02を積んだ Prodigy Cube は、ホワイトノイズが、Westoneなどと使っても、聴覚上まったくなく、高域、低域の音の伸びもかなり良く、ボーカルも綺麗に鳴らしてくれます。本体の金属の質感が今ひとつな気もしますが、価格のことを考えれば、とても優れた機種だと思います。)


ということで、今回、新たにUSB DAC付きヘッドホンアンプの購入にあたり、このProdigy Cubeを比較対象にして、機種選びをしました。


購入条件は次の通りです。


<優先順位1> 低インピーダンスのIEMで聴いても、ホワイトノイズを拾わないこと

<優先順位2> 中域と高域の音の伸びが良く、透明感があること。

    女性のジャズ・ボーカルが綺麗に聴きたいため

<優先順位3> 低域が出すぎないこと

<優先順位4> オーバーヘッド等ではなく、

        カスタム、ないしはリモールドのIEMと相性が良いこと

<優先順位5> ボリューム・ノブ滑らかさも含めて、本体の質感が良く、

    同じ部屋の家具と違和感の無いこと

<優先順位6> 価格帯:5〜6万未満であること



この条件で、具体的に機種選びを始めたのは、ほぼ2ヶ月前なんですが、ここで大きな問題1つ。当方、片田舎にいるため、実際にアンプに触れて音を確認することは非常に難しく、地元の目ぼしいお店に電話しても、やはり視聴は無理でした。その後、大阪に所用で出かける予定があったので、その時に、日本橋まで出かけて、やっと視聴できたのが、1ヶ月前というしだい。やはり、地方にいると、こういう時は大変です。


それはともかく、その時にネットなどで調べて候補にしたのが次の3機種。


候補1:Audinst HUD-mx1

候補2:FOSTEX HP-A3

候補3: Styleaudio CARAT TOPAZ Singnature


どれも、ネットの評判が良いものだったので、かなり楽しみにして視聴してみました。その際の感想は次の通りです。


候補1:Audinst HUD-mx1

ホワイトノイズは、特に気にならず、中域、高域の伸びもかなり良く、値段も手頃で、その意味では、優先順位の1、2、6は満たしているのですが、ただ、優先順位5の本体、特にボリュームのノブがゴムみたいな樹脂でできていて、その点が気になりました。そして、それ以上に気になったのが、私の耳のせいかもしれませんが、全体的に音のまとまりが悪いと言うか、音がバラバラに鳴っている感じで、聴いていて落ち着かない印象がしました。ということで、今回はこちらの機種は見送りに。


候補2:FOSTEX HP-A3

こちらの機種も、HUD-mx1同様、特に目立つホワイトノイズもなく、本体の質感は可もなく不可もなく、低域も出すぎず、価格も3万円を切り、その点では、優先順位の1と3と5と6は満たしているのですが、ただ、中域と高域の伸びというか透明感があまりなく、その点で、優先順位の2に合いませんでした。そして、少し気になったのが、何の加減か、聴いていて気持ちが明るくならないというか、気分が少々暗くなるような感じがしました。ということで、こちらの機種も今回は見送りに。


候補3:Styleaudio CARAT TOPAZ Singnature

結論から言うと、この時点では、この機種が一番印象が良かったです。当方の優先順位を基本的に全て満たしていて、その意味では、この機種をその場で購入しても良かったのですが・・・ただ、この時点で、もう一つ気になる機種があり、購入に踏み切れませんでした。


その気になる機種は、実売価格が5万円台後半の


候補4:Luxman DA100


この機種です。


それで、どうしてもそれが聴きたくて、日本橋を歩いたのですが、運悪く、展示はあっても視聴できるお店を見つけることが出来ず、時間の都合もあり、この日は収穫なし。


次の記事につづく


1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    e-butler
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    r
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    E-BUTLER
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    toyota
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    すぎちゃん
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    マコト
  • UMさんの"Merlin"など、一部ですがハイブリッドIEMも、リモールド可能です。
    竹村 英実
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    和京神壱
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    角田
  • <カスタムIEM>と<IEMのリモールド:リシェル>の注文代行いたします
    Tetsu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM